【簡単】美味しい“いちご”の見分け方【5つのポイントをプロが丁寧に解説】

野菜果物

甘くて美味しいイチゴを、簡単に見分ける方法があれば教えてほしいな。

 

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
甘くて美味しい“いちご”を簡単に見分ける5つのポイント

いちご販売歴20年以上で、市場での仕入れもしている青果バイヤーの僕がわかりやすく解説します。

お店でいちごを選ぶ時の参考にしていただければと思います。

【簡単】美味しい“いちご”の見分け方【5つのポイントをプロが丁寧に解説】

美味しいいちごを選ぶ5つのポイントと以下の通りです。

  • 鮮度
  • つぶつぶの間隔
  • つぶつぶの周りの果肉

順番に解説していきますね。

鮮度

鮮度

まずは当たり前ですが、鮮度のいいものを選ぶことです。

いちごは追熟して(収穫してから一定期間置くことで、甘味を増したり食べ頃になったりすること)美味しくなる果物ではないので、収穫したてのものが美味しいからです。

選ぶポイントを簡単に紹介すると、以下の通りです。

  • ヘタの色がしっかりと緑色で、ピンと反り返っている
  • 果肉の部分がみずみずしく、ツヤと張りがある
  • 産毛がある

わかりやすいように写真で解説するとこんな感じです。

鮮度のいいイチゴ

産毛は少し見にくいかもしれませんが、

イチゴの産毛

こんな感じです。

逆にヘタが変色して“しなっと”しているものや、果肉の部分が乾燥した感じや張りがないもの、産毛がないものは収穫してから時間が経過していますのでダメです。

こちらもわかりやすいように写真でお見せすると、こんな感じです。

鮮度の悪いイチゴ

色

ポイントは以下の通りです。

  • ヘタの部分(周辺)まで色づいている
  • つぶつぶが赤く色づいている

なぜかというと、ヘタの部分(周辺)まで色づいていて、さらにつぶつぶの部分まで色づいているのは完熟している証拠だからです。
(つぶつぶの部分は種の思われていますが、じつは果実です)

たとえば、このような場合は完熟していないです。

完熟していないイチゴ

ちなみに、「赤色が濃い=甘い」と思われがちですが、赤色の濃さは甘さとは関係ないです。

なぜかというと、赤色はポリフェノールの一種(アントシアニン)なので甘味とは関係ないからです。

赤い色の濃さよりも、果肉のツヤの方が大切ですね。

ポイントは先端の部分です。

先端の部分が尖って三角になっているものより、平らになっている方が甘い

理由は以下の通りです。

  • いちごは先端の方が糖度が高い
  • 先端部が平らな形をしている=甘い部分が多いことになる

写真を撮影してみました。

美味しいイチゴ 先端

このようないちごは、甘くて美味しい可能性が高いですよ。

つぶつぶの間隔

間隔
つぶつぶの間隔が離れている方が甘い

なぜかというと、それだけ果肉が熟してパンパンの状態になっている証拠だからです。

写真でお見せすると、こんな感じです。

イチゴ つぶつぶ 間隔

つぶつぶの周りの果肉

観察
つぶつぶの周りの果肉が、ぶっくり膨らんでいるような状態になっている方が甘い

なぜかというと、上記のつぶつぶの間隔と同じく、それだけ果肉が熟してパンパンの状態になっている証拠だからです。

写真でお見せすると、こんな感じです。

イチゴ つぶつぶ 周りの果肉

おわり

ということで、甘くて美味しい“いちご”を簡単に見分ける5つのポイントを紹介しました。

お店で買う時の参考にしていただければと思います。

「手っ取り早く、甘くて美味しいいちごの品種を教えて」という方は、「【プロが紹介】いちごの人気品種ランキング【贈り物にも大好評でおすすめ!】」で甘くて美味しい人気品種を紹介していますので、参考にしてみてください。

以上になります。